MENU

男性の抜け毛の原因とは

男性の抜け毛原因には色々とありますが、大きく分ければ頭皮環境の悪化、栄養不足、男性ホルモンという3つに大別出来ると言えます。

 

頭皮環境の悪化というのは、普段のヘアケアの方法によって変わるものであり、長年の頭皮汚れを放置していると毛穴に汚れがこびり付いて、発毛を阻害して結果的に抜け毛に繋がるものであり、女性と比べて男性は皮脂が多いですから頭皮環境が悪化しやすくなります。

 

頭皮環境悪化にはシャンプーの選択や使い方も関わっており、毎日シャンプーをしていても、市販のシャンプーのように毛髪を綺麗にする事を目的にしたものは、毛穴を詰まらせるリスクもあり、汚れを取り除き過ぎて逆に皮脂過剰分泌を起こす事もありますから、それによって毛穴詰まりが起こったり頭皮の炎症を引き起こす例があるものです。

 

さらにシャンプー成分のすすぎ残しも頭皮環境を悪化させますし、普段から不潔にしている場合も悪化して、そうなると健康な毛髪が生えにくくなって抜け落ちる事になります。

 

対策としては育毛シャンプーのような頭皮環境を改善させる事に特化しているものを選択して、頭皮環境を変えていく事で抜け毛が止まるものです。

 

栄養不足も抜け毛原因になり、女性に多いパターンですが男性でも毛髪形成に関わるタンパク質が無かったり、亜鉛等が足りないと健康な毛髪が作る事が出来ずに弱々しくなり、結果的に抜けてしまうリスクがあります。

 

無茶なダイエットを避けたり、栄養摂取を心がけて生活習慣を整えれば改善の可能性が高いです。

 

男性ホルモンが原因のAGAは男性に多い脱毛症状であり、男性ホルモンが毛髪成長をブロックする事で起こる脱毛症状ですから医師の指導のもと治療を行う必要があります。

 

内服型の治療薬を活用して男性ホルモンの働きを低下させる必要があり、栄養摂取や頭皮環境改善のケアだけでは対応出来ないですから専門医の治療を受ける事が望ましいです。

 

これらの抜け毛原因を突き止めた上で適切にケアを行う事が早期解決のコツになります。

 

育毛の為に成長ホルモンが生成されやすい生活を心がける

 

髪の毛の状態が健やかになるか否かは、成長ホルモンに左右される一面があります。
ホルモンが分泌されている時間帯に、睡眠を取ることが大切なのです。それが分泌されているタイミングならば、それだけ髪の毛も育ちやすくなるからです。

 

具体的に申し上げれば、深夜の時間帯を意識するのが大切です。夜更かしなどが多い方々は、この点を見直してみると良いでしょう。

 

毛髪が育ちやすいタイミングとしては、夜22時頃から翌日未明の2時頃までです。その時間帯は、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

つまりその時間帯に寝ることができているかどうかが、大きなポイントになります。
普段から夜型の生活をしていると、その時間帯に就寝できていないケースが多いでしょう。それでは成長ホルモンが分泌されづらくなりますので、毛髪も育ちづらくなってしまいます。結果として、抜け落ち本数が増加すると考えられているのです。

 

逆にその時間帯によく眠っていれば、毛髪も育成されやすくなります。したがって夜型の生活を送っている状況ならば、上記の成長ホルモンの時間帯を見直すのも一法です。

 

それと成長ホルモンには、グレリンという物質が関わってきます。その物質が多く分泌されれば、成長ホルモンも作られやすくなるのです。

 

ただグレリンはいつでも生成されている訳ではなく、空腹時が大きなポイントになります。お腹がすいている時にグレリンが分泌されやすくなるので、毛髪を生育させたいと思う場合は空腹状態を作る事が大切です。
注意を要するのが、普段から空腹状態があまり多くない方々です。お腹がすく前に食事をしてしまう方々などは、当然空腹になりづらい傾向があります。それでは毛髪の生育を促すのも難しくなってしまいます。

 

それを改善させるためには、やはり食生活を見直しが大きなポイントになるのです。食事の時間帯を上手くずらしてみたり、工夫をする事によってグレリンが生成されやすくなります。

 

このように育毛には成長ホルモンが関わってきますので、普段の生活スタイルの見直しなどによって毛髪の状態を良くなる事も多いです。

 

抜け毛改善に用いられるプロペシアの副作用はどうなのか

 

抜け毛でを悩みの方々は、しばしばプロペシアに興味を持っています。いわゆる薬の1つなのですが、それで抜け毛が解消されている事例は確かに見られます。

 

実際AGAの治療を行う医療機関などでも、プロペシアの処方をしているのです。処方する理由は、もちろん抜け毛の改善です。

 

つまり医療機関としては、プロペシアは一定の効果が見込めると判断している訳です。医療機関が評価している位ですから、少なくともプロペシアはAGAなどには一定の効果は見込めると考えられます。

 

また口コミなどでも、その状況を確認する事が可能です。プロペシアは、通信販売などで購入されている事例も多く見られます。それには口コミも投稿されているのですが、その内容を見ますと抜け毛が改善されている事例も確認できます。

 

ですのでプロペシアは抜け毛を改善する効果は期待できるのですが、副作用などには気を付けた方が良いです。なぜなら体質によっては、副作用が生じる事例も見られるからです。

 

副作用の例は色々ありますが、例えば血圧や肌荒れに関する問題点です。
プロペシアを服用した結果、血圧が大きく下がってしまっている事例も見られます。またその薬剤を服用したら、ニキビが増加している事例もあるのです。そうかと思えば発熱に関する症状が発生している事例もあるので、プロペシアは副作用は発生する可能性があります。

 

それを聞きますとプロペシアは危険な薬剤とのイメージを抱く方々も多いのですが、実際にはそれを防止できる方法はあるのです。

 

プロペシアは、あまり輸入代行などを経由しない方が良いでしょう。その代行サービスですと、プロペシアの副作用は自己責任になるからです。もっとも「間違いなく副作用は発生しない」との自信があるならば、輸入代行も一法ではあります。

 

安全度が高いのは、医療機関によるプロペシアです。責任問題もあるので、医療機関としては無難な時に限りプロペシアを処方してくれます。ですので育毛の為にプロペシアの服用を希望するのであれば、医療機関を経由するのがおすすめです。

 

女性の薄毛も男性ホルモンが関係している!?

 

最近では、男性だけでなく女性でも薄毛に悩んでいる方は増えています。国内では600万人以上の女性が抜け毛や薄毛で悩んでいるといわれているようです。

 

そんな女性の薄毛ですが、実は男性ホルモンが関係していることもも少なくありません。

 

女性の場合、男性のAGAとは違って、遺伝によって悪玉男性ホルモンDHTの生成のされやすさなどが大きく影響はしないと考えられています。ではどういった時に男性ホルモンの影響で薄毛になるのかというと、体内の女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが相対的に変わってしまうときです。

 

特に多いのが、40代〜60代にかけて起こる更年期です。更年期に差し掛かると、髪の毛を保持する働きのある女性ホルモンの分泌量が一気に減少してしまいます。

 

すると、体内の男性ホルモンの量が相対的に増えてしまうため、AGAと似たように薄毛になってしまう女性がおられるのです。

 

意外と思われるかもしれませんが、女性の体内にもある程度の男性ホルモンはあります。ただ、全体的に女性ホルモンと比べると量は少ないため、女性は薄毛が少ないのです。

 

このようなことから、女性でも男性ホルモンが影響で薄毛になることがあります。一般的にこれは、女性の男性型脱毛症という呼び方をします。

 

男性のAGAと似ていて、男性ホルモンの影響で薄毛になりやすいわけですが、対策方法は男性と同じではありません。

 

女性はプロペシア(フィナステリド)を服用できません

 

男性型脱毛症の治療薬として有名なフィナステリドですが、女性は服用することはできません。特に、妊娠している間や妊娠の可能性のある女性が服用してしまうと、おなかの赤ちゃんへの影響が考えられている為、病院でもプロペシアを処方されることはないのです。

 

では女性の薄毛はどのように対策すればよいのか!?ということになりますが…

 

女性は女性用育毛剤を使って頭皮ケアをする必要がある

 

女性の場合、薄毛治療薬プロペシアの服用はできません。そのため、女性用育毛剤を使って頭皮ケアをすることで落ち着く方が多いのです。

 

育毛剤といっても、男性の育毛剤は配合されている成分が大きく異なるのが特徴です。特に女性の場合、乾燥肌や敏感肌・デリケート肌の方が多いため、低刺激の育毛剤が一般的となっています。

 

最近では、いろいろなメーカーが女性用育毛剤を開発・販売しているので、まずはどれか一つを選ぶ必要があります。どれを選べばよいのかわからないという場合は、次のサイト様などを参考にするのも良いでしょう。

 

女性用育毛剤ランキングガイド.com

 

女性用育毛剤といっても商品はとても多いですし、本当に効くかどうかは成分を見て判断するしかありません。そのため、いろいろなサイトや実際に使って比較しているサイトを参考にすると良いですね。